自律神経の働きに協力しよう!

自律神経の働きに協力するにはどうしたらいいのだろう?

 

それには、生命力を維持する基本をしっかり守ることが大切です。

なぜなら、自律神経は生命レベルの神経だからです。

 

昔からの言い伝えには、味わい深いものがたくさん!

あまりにも当たり前のこと。でも大切な基本です。

我が身を振り返り、きちんと子供に躾けられたかな、と考えると、自信はありません。

何かを成し遂げた方は、こういう基本ができているんですよね。

でも、焦らない焦らない。

今からでもできる、ハッピーパーソナルエイジング。

 

早寝早起き三文の徳

夜遅くまで営業しているスパ施設やカラオケで、

幼い子を連れて遊んでいる家族連れを見かけると人事ではなく、心配になります。

早寝早起きをしよう!と本気で生活できれば、

きっとどんな方法よりもダイエットに成功し、健康になることでしょう。

早起きは、気持ちも爽やかです。

気功の師は午前7時までの太陽は見てもいいとおっしゃいました。

早朝の太陽、たくさんエネルギーをもらえる気がします。

朝を気持ちよくスタートできれば、一日を軽快に過ごせるでしょう。

日の出とともに起き、日の入りとともに休む、

これは難しくても、今よりまじめに、日本人全員が早寝早起きを努力したら、

なんて想像すると、たくさんいいことがありそうです。

 

そんな生活ができたら、たまの朝寝坊もお楽しみとしてはいいですよね。

まずは実行。

身体の感じ心の変化を楽しんでください。

きっと答えは自律神経が出してくれます。

 

実際、親子で早朝散歩をして、お子さんの喘息を克服した方を知っています。

親子で朝寝坊はやめましょう。

早寝するためには、夕食も早い時間に済ませる、

満腹では熟睡はできないので、自然と食べる量も減る・・。

いいことばかり。

また、夜更かしは、子供にとって大切な体内時計が狂う原因に。

もちろん大人にもいえることです。

成長ホルモンは、夜10時から朝の2時までの熟睡を必要としています。

 

腹も身のうち 腹八分目に医者要らず

ストレス解消法としてのチョコレート!

緊張をゆるめてくれる効果は絶大!ですよね。

お茶をいれて、ゆったりと楽しい気持ちでおやつとして頂けばいいのでしょうが、

ストレスでいっぱいな時は、「頂く」なんていう気持ちの余裕はないですね。

無意識に次々と口に運び、はっと気づけば、箱の中身はかなり減っている。

そんな日が続いたら、体重計に乗るのも勇気がいる。

ストレスを理由にチョコレートを食べない。

しっかり自身を見つめなおすのは難しいものです。

でも、ストレスと上手につきあいたいものです。

 

腹八分目の食事というのは、病院食をイメージすればかなり近いかな。

足らないのでは、と思うでしょう。

満足のコツはやはり、よく噛むこと。

この当たり前なことに時間を取れないのが、今の大多数の日本人。

いくつかの視点から体質の壁を越えよう!と提案するのがこのメルマガの目的ですが、

『噛む』だけをちゃんとできれば、それだけでも十分良いのでは。

でも、それが難しいんですよね。

だからこそ、あの手この手で、上手に自律神経に協力出来る体制を作り上げましょう。

 

笑うかどには福来る

一日一回必ず抱腹絶倒していますか?と聞かれたら、

している、といえる人は、そう多くはないのでは。

笑った回数を数えよう、なんて考えると、笑えなくなるのでやめましょう。

楽しんでいるようで、実は本当の楽しさは足りていないのかもしれません。

腹筋のためにも、笑うのはいいことだと思います。

自律神経に協力する上でとっても大切な笑い。

快活に笑える毎日、過ごしたいものですね。

 

これで、栄養、運動、休養の3つはクリアできますよね。

 

しっかり体を労わって、基本の元気を培いましょう。

この、3つはどなたにも必要な、自律神経に協力するための基本です。

 

 

ケアの詳細をお知りになりたい方

しあわせエイジング術〜体質の壁を越えるパーソナルケア・エクササイズ〜
をぜひお読みください。
ご購入はこちらから♪

ご自分に合ったケア方法を学んでみたい方

一般社団法人ANCA自律神経ケア協会で学べます。
講座詳細はこちらから♪