「体質の壁」を自律神経バランス(内臓機能関連)の側面からチェック

「自分の体質に合ったケア」とは、「具体的にどんなことでしょうか?

たとえば、便秘が原因で肌荒れがひどくなった人がいるとします。

肌荒れを治すには、まず便秘を改善しなくてはなりません。

でも、便秘の改善方法は、原因が何であるかによってまったく異なってきます。

いくつか可能性を挙げただけでも、

胃・心臓の機能低下によって、大腸の水分が過吸収になっている

肝臓の機能低下によって腸が痙攣する

脾臓の機能低下によって腸が弛緩する

など、さまざまな原因が考えられます。

 

「肌を美しくしたい」という目的は同じでも、

自分の体質に合った方法を選ばなければ、努力は空回りしてしまうのです。

 

これは、心身のトラブルすべてに当てはまる話です。

したがって、トラブルを解消したいなら、

今の自分の「体質の壁」の高さと質を知ることが必要です。

 

「体質の壁」を知る上でポイントとなるのは、

自律神経を司る交感神経の亢進・抑制度合いです。

自律神経は、内臓・血管などの働きをコントロールして体内の環境を整える神経で、

本人の意思とは無関係に働いています。

自律神経には

交感神経(起床時や緊張時の神経)

副交感神経(就寝時やリラックスしているときの神経)

があり、

このふたつは互いに相反する働きをしています。

このふたつのバランスが取れていれば問題ないのですが、

多くの場合はどちらか一方に偏ってしまいがち。

 

そしてそのバランスの崩れ方が激しくなると、

さまざまなトラブルを引き起こしてしまうのです。

 

一般に

交感神経優位な人は「はりきりタイプ」、

副交感神経優位な人は「おっとりタイプ」といえます。

 

まず自分がどちらのタイプなのか(体質の壁の質)、

そして心身にはどんなトラブルを抱えているのか(体質の壁の高さ)、

それらをきちんと知ることから始めましょう。

 

やっと開発できた無料ハピエジサプリで、実際にチェックしてみてくださいね。

 

「体質の壁」の質と高さが把握できれば、

それぞれの体質に合わせた気遣いや生活上の工夫を取り入れることができ、

結果的に「体質の壁」も低く、乗り越えやすいものになっていきます。